Diamana シャフトセッティング例

シャフトセッティングのポイント

クラブセッティングでもっとも重要なのは、クラブ長が 短くなる(番手が下がる)ごとに重量が増えていく、スムーズなクラブ総重量の階段を作ることです。全体の クラブ重量の流れから極端に外れたクラブがあると、そのクラブが振りにくいだけではなく、プレイヤー自身 のスイングを崩す原因ともなりかねません。ドライバー からショートウッド、UTまで徐々に重くなり、大きな 段差がなくアイアンに繋がっていくことにより、トータル の振り心地をそろえることができます。そのためにはシャフトの重量もフローさせていくことが 理想的で“クラブセッティングトータルの重量の流れを 念頭に置いたシャフト選び”がポイントとなります。

推奨チップカット長

FWはクラブ番手が下がることにヘッド重量が増えていきます。ヘッド重量が重くなるとシャフト先端部の動きが大きくなり、スイング中のヘッドの暴れやインパクトでの当たり負けを起こしやすくなります。従ってヘッド挙動の安定化および、振り心地をそろえるため、番手が下がるごとにチップカット量を増やしていくことをお勧めいたします。